アカルボースはなぜ注意点があるのか?

アカルボースを服用する際はどんなことに注意すれば良いのでしょうか。

 

副作用が少ないといわれる比較的安全な医薬品アカルボースですが、持病がある方などは服用時に注意が必要です。

 

また、他の薬を併用する場合にも起こり得る症状について知っておくと良いでしょう。

 

 

薬をすでに飲んでいてさらに新たな薬を処方される場合には、飲み合わせによってどんな副作用が出るか心配になるかもしれません。

 

何種類もの薬を同時に飲んでいると、効果が表れにくくなったり重い副作用が出る可能性があります。

 

そのため医師は、薬を処方する際に患者がいつも服用している薬を把握している必要があります。

 

サプリメントでさえ薬との併用に気をつける必要があるのですから、医薬品の場合にはなおのこと注意が必要になるでしょう。

 

医薬品アカルボースは糖尿病の治療薬として用いられる他、ダイエットで服用されることもあります。

 

アカルボースの場合も薬の飲み合わせに気をつけなければなりません。

 

 

アカルボースは血糖値が上がらないようコントロールする作用がある医薬品です。

 

アカルボースを服用すると、糖質が腸で吸収されるスピードが遅くなるため、特に食後に血糖値が上がりにくくなります。

 

糖質を分解または吸収する働きが妨げられ血糖値が正常に保たれると、余分な糖質が脂肪に変わりにくくなります。

 

ここで気をつけなければならないのは、他の糖尿病の薬を飲んでいる場合、アカルボースとの飲み合わせにより血糖値が下がりすぎてしまうかもしれないことです。

 

車を運転する方であれば、運転中に低血糖で意識を失うことが生じては大変です。

 

糖尿病の薬を飲んでいる方は、必ず医師に相談してから服用するようにしましょう。

 

 

アカルボースは飲み始めにお腹の張りなどを感じる場合があります。

 

腸内細菌がガスを発生させるためですが、腸閉塞になったことのある方や胃腸に障害がある方は副作用が重くなる可能性があります。

 

また高齢者は新陳代謝が低下しているため、薬を飲んだ後に成分が体内に残りやすくなります。

 

そうなると副作用も生じやすくなるでしょう。

 

高齢者が服用する場合は特に医師の指示に従うことが必要です。

 

ダイエットのためにアカルボースを服用する方も多くいます。

 

アカルボースのみの服用で低血糖のような副作用が起こる可能性は極めて低いですが、アレルギー体質の方は注意が必要でしょう。

 

 

医薬品アカルボースを服用される方は以上の情報を参考にしてください。

 

不安な点は医師や薬剤師に相談してみましょう。