アカルボースの使い方

正しい用法や用量を守りアカルボースの効果を発揮させる

アカルボースの使用方法は食前に100mgを飲むことです。

 

アカルボースは食後の糖質吸収を制限してくれる医薬品ですが、食前に飲むことでどのような効果が期待できるのでしょうか。

 

さらに飲み忘れたときの対処方法についてもみていきましょう。

 

 

一般に薬は、食後に飲むよう指示されることが多いですね。

 

それは胃の中に食べ物があると、薬と食べ物が混ざり合い吸収を高めてくれるからです。

 

しかし、薬の種類や作用によって飲むタイミングが異なるものがあり、中には食前や食間に服用するものもあります。

 

食前に飲む薬は、食欲をコントロールしたり吸収や消化を遅らせる作用があります。

 

医薬品アカルボースは食前に飲むのが効果的であるとされています。

 

同じ薬でも飲むタイミングによって吸収のされ方が異なり、効果にも違いが出ることがあります。

 

そのため薬の説明書や、医師の指示に従って適切な時間に薬を飲むことはとても大切です。

 

 

アカルボースは食前に飲むなら、食事で取り入れた炭水化物や糖質の吸収を遅らせる効果が期待できます。

 

アカルボースを飲むと、薬の有効成分アカルボースがαグルコシダーゼの働きを阻害します。

 

その結果、糖質の吸収が遅れるため余分な糖分が脂肪に変わりにくくなり、ダイエットにも効果があるようです。

 

正しいアカルボースの飲み方は、3食の食前に100mgを服用することです。

 

食前といっても食事の30分前ではなく、食べる直前に飲むのが良いとされています。

 

そうするなら、薬を服用した直後に食べる炭水化物や糖質の吸収が抑えられるので、ダイエット効果が期待できるでしょう。

 

 

もしもアカルボースを食前に飲み忘れた場合はどうしたら良いでしょうか?
食事中や食後に服用しても問題はありませんが、すでに食べ物の吸収と消化の働きが始まっているため効果は薄れてしまいます。

 

食後1時間以上たった後で飲み忘れに気付いても、その時間に飲んではあまり意味がありません。

 

その場合は、次の食事の時まで待ったほうが良さそうですね。

 

毎日規則正しい時間に食事を取るなら薬の飲み忘れを防ぐことができますし、ダイエット効果もあるでしょう。

 

また、就寝前の3時間の間に食事をすると脂肪がつきやすくなります。

 

ダイエット中の方は、夜遅い時間の食事は避けたほうが良いですね。

 

 

アカルボースは食前に服用することで、血糖値が抑えられ脂肪がつきにくい体質になります。

 

正しい用法や用量を守りアカルボースの効果を発揮させていきましょう。