症状が起こる前に心掛けたい所

糖尿病が悪化すると失明に?

アカルボースは2型糖尿病の患者にも利用されています。むしろ現在ではダイエットよりも、糖尿病を抑えるために利用される方が多いそうです。

 

2型糖尿病の発症は早期は全く無症状なので、患者はほとんどわからないと言われ、だんだん血糖値が上がり、症状に気づいてくる。

 

基本的に、30〜40代で糖尿病に掛かる人は少なく、50代以降から急激に増えると言われています。なかつ、昔と比較して、現代では欧米化の食事の影響でかなり増えていることがわかっている。

 

 

国内の糖尿病予備群を入れると約2200万人を超えるとも言われる。

 

大量のブドウ糖を尿に排出するため、尿の量が増え、体の水分が失われるので、喉が渇きます。また、ブドウ糖がエネルギーとしてうまく使われないため、疲れやすく、この症状が長く続くことで、糖尿病が起こってしまう。

 

 

糖尿病の症状としては、目が霞んだり、手足のしびれ、皮膚のかゆみが出てきたり、痛みなどを伴う、放置してしまうと、どんどん症状が悪化し、3大合併症が起こってしまいます。

 

糖尿病の恐ろしいのは、手足がしびれたり、痛みが出にくくなるために気づきづらい、目の眼底に網膜の結構が悪くなり、視力が徐々に落ち、最終的には失明になる恐れも。

 

 

そのために、普段から食事の管理、運動など出来る部分は行っておくことが重要になるかと思います。
アカルボースなどの薬を病院から処方されるということは、糖尿病が発症している証なので、まずは症状が起こる前にしっかりとしたケアが必要になると思います。