アカルボースの副作用に便秘

便秘を防ぐために水溶性食物繊維

アカルボースを服用すると、多少なりとも副作用が起こります。
私が感じるのがお通じ。

 

アカルボースは、小腸に作用するために、どうしてもお通じ、それからおならが出やすくなるそうです。

 

そこで意識したいのが水溶性食物繊維を取ること。
アボガド、オクラ、キノコ、にんにく、ごぼう、納豆など、水溶性食食物繊維を毎日のように取ることで、便量が増える。すると、運搬速度が速やかになり、排便回数が増加するとのこと。

 

この効果は便秘にもいいそうで、腸内に排泄される腸内細菌量が増え、脂肪酸の酸性を介し、腸内の圧力を上げるなどして排便の促進に期待することができるそうです。

 

 

実際に、国内の実験によると、6万人以上の便秘に悩んでいる人が、食物繊維を吸収した後の調査を行った所、排便の回数が画期的にあがったことがわかったそうです。

 

便秘の回数が、水溶性食物を食べる前と比較して35〜40%も低くなったそうです。

 

腸内環境が改善されると、おならの匂いがなくなるともいわれているので、アカルボースの副作用をうまくカバーできる。