アカルボースでダイエットの効果

炭水化物を食べても太らないアカルボース

食事制限がけっこう苦痛です・・・
そこで始めているのがアカルボースになります。
アカルボース

 

 

私としては痩せたいというよりも、体重をキープしたいという感じ。

 

だけど20代後半になってから、特に食事の量が増えたわけでもないのに、確実に体重が増えている、、、
お腹まわり、下半身の肉が増えている・・・
太る

 

身長は161センチで、体重は58キロです。
去年は55キロだったんですが、たった1年で3キロも増えている・・・。

 

おそらく私は炭水化物が原因で体重が増えていると考えています。
ごはんやパン、麺類など、自分の中では食べ過ぎてはいないと思うのですが、結果的に体重が増えている・・・
ご飯

 

てなことで、最初は食事の量を減らしていたんですが、、、これがけっこう難しい。
どうしても「ご飯が、パンが、麺類が」恋しくなり、ついつい食べてしまいます・・・。
食べ過ぎ

 

毎日のように仕事終わりに食べていたオヤツ、アレがたまらないんです〜。(ストレス解消にバッチリ◎)

 

 

別に食べ過ぎていたわけではないんですが、炭水化物や糖分の関係で太っちゃう、、、

 

 

そんなことで始めたのがアカルボースなんですね。
アカルボース

 

ようするに、今までどおりの炭水化物の量を食べても、太る心配がないということで始めることにしました。

 

アカルボースの詳細について>>

 

 

 

アカルボースの効果

低炭水化物ダイエットに効果的ということで利用されているアカルボースの医薬品。

 

低炭水化物ダイエットとは、ローカーボダイエットなどとも呼ばれ、肥満や糖尿病の治療を目的として炭水化物の摂取比率や摂取量を制限する食事療法の一つ。

 

 

人間は炭水化物や糖類を摂取すると、ブドウ糖にまで分解されて吸収されますが、たくさん摂取すると、血液中にこのブドウ糖が急激に増え、血糖値が急上昇します。そうすると、膵臓から分泌するインスリンというホルモンが大量に分泌し、体に脂肪として蓄えられてしまいます。
お腹

 

ようするに痩せたければ、炭水化物の量を減らし、血糖値を上げないようにすることが重要。
・・・でもこれが難しい、、、

 

 

そこで低炭水化物ダイエットと利用されているアカルボースを服用します。
アカルボース

 

もともとアカルボースは、炭水化物ダイエットの薬として開発されたやせ薬。
しかし現在のところ、やせ薬だけでなく、食後高血糖を防ぐ効果が研究の結果確認されたため、糖尿病の薬としても病院で処方されているとのこと。
病院

 

 

グルコバイハはα−グルコシダーゼ阻害薬という部類になり、本来食べた炭水化物がブドウ糖に変わる過程の中で酵素の働きを阻害し、吸収を緩やかにするために脂肪の蓄積を抑制し、太りにくくする効果が期待できます。

 

っで、あくまでもアカルボースなどの炭水化物ダイエットは、薬を服用すれば”痩せる”というより”太らない”という効果になります。

 

 

通販でアカルボースを購入

糖尿病(2型糖尿病)の患者に対して病院で処方されるアカルボースですが、やせ薬としては難しいのが現状です。

 

 

そのほか美容クリニックを利用し購入することもできます。
病院

 

ただし、炭水化物ダイエットとして処方せんが適用されないことが多いために、アカルボースを海外から輸入し、美容クリニックで購入するということになる。

 

すると、どうしても価格が高くなります。
お金

 

美容クリニックにより値段は異なりますが、どうしても海外で販売しているアカルボースを購入して、自分たちのところで利益を上乗せしたかたちで販売するため、価格が高くなります。

 

 

 

そこで私が利用しているのが通販です。
通販

 

通販というよりも、個人輸入で販売をしているところでアカルボースを購入すると安く手に入れることができる。

 

 

某美容外科で炭水化物吸収阻害薬として1錠200〜250円で販売されていましたが、通販だと約35〜80円で販売をしている。
(アカルボース50mg)

 

同じ海外で製造、販売しているアカルボースなんですが、やはり購入を考えるなら価格や安いほうが良い。

 

 

 

しかし通販で医薬品を購入する場合、本人だけの使用に限る事、そして自己責任となるためを重々理解したうえで使用すること。

 

そのためにまずは、「効果、効能、副作用、使い方」などをじっっくりと調べてから、本当に必要性があるのかを検討たのち判断をすることが重要になると思います。

 

アカルボースの注文・詳細について>>